続こんぶの日記 KOMBU's diary from Sydney

あるイラク難民女性

今年の1月、ある英語学校の試験に行ったときに、偶然イラク難民女性に出会った。50代くらいでバクダッド出身、産婦人科医をしていたという。難民としてシドニーにやってきたばかりで、政府の移民支援の一環として英語を無料で勉強できるので、シドニーで医師の資格取得にチャレンジするために勉強したいという。

オーストラリアは一般的に難民の受け入れ国で、現労働党政権も移民政策には手厚いと言われている。町のいたるところで、たとえば移民が無料で勉強できる英語学校や医療機関受診のパンフレットにも、「難民の場合はこの限りではないので、さらなるサービスについては問い合わせて下さい」といった表記がある。

落ち着いた彼女の物腰とどことなく寂しげな笑顔。「バクダッドですか。訪問したことがあります。」「いつ?」「2002年と2003年と。」「一番大変な時期じゃない。何かの支援団体から行ったの?」「そんな感じです。」そのときのバクダッドの状況を知っているだけに、私は何も言えなかった。彼女もそれ以上何も聞かなかった。ただ、「私は看護師だけれど助産師でもあります。お産に立ち会うのが好きです。」というと、「私もよ。」と彼女も笑った。いつか一緒に働けるといいですね、そう話して私たちは別れた。

その後、彼女と会うことはなかったが、今でも時々彼女のことを思いだす。シドニーで暮らして行くということは、彼女たちのような人たちと共に働き、生きていくことなのだと思うと不思議な縁を感じ、なんだか胸が熱くなるのだ。

以下は、日本国際ボランティアセンターイラク現地情報とバックナンバー
http://www.ngo-jvc.net/php/jvcphp_eplist.php?ThreadName=m01



b0175015_15244316.jpg
[PR]



by gonzalesK | 2009-05-18 15:14 | Refugee- 難民

シドニーの青い空と広い海のふもとで繰り広げられる日常をこんぶ風味でお伝えします
by gonzalesK
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

kokeko さん!そう..
by gonzalesK at 10:11
あらら、お熱だったの~(..
by kokeko-2015 at 23:09
シドニーの美術館はゆるー..
by gonzalesK at 15:03
どんな絵なのだろうと、調..
by kokeko-2015 at 09:29
こけこさん、なるほど〜k..
by gonzalesK at 17:46
ほぉ。。。(←お友達の言..
by kokeko-2015 at 22:22
こけこさん、コメントあり..
by gonzalesK at 09:42
おはよう(笑) シドニ..
by kokeko-2015 at 23:13

最新の記事

The Year of Ro..
at 2017-02-09 21:21
HIROMI THE TRI..
at 2016-06-16 12:22
花冷え
at 2016-06-01 15:11
あっちの桜、こっちのジャカランタ
at 2016-05-18 21:22
Language of dr..
at 2016-03-15 21:06

画像一覧