続こんぶの日記 KOMBU's diary from Sydney

シドニーの休日 - ベトナム人街編

2009年8月22日(土)

すっかり春の日差しのシドニー。晴れの日の週末に、おいしいベトナム料理が食べたいね、ということになり、シドニーで最も大きいベトナム人街、Cabramatta (カブラマタ)に夫と出かけた。

シドニーの中心部から車を一時間ほど走らせ、街に到着する。なるほど、ここはベトナム人街、道を行く人々の9割がアジア人だ。商店街の看板のほとんどが、ベトナム語と中国語で、英語はちらほらと見かけるくらいだ。夫によると、昔これらの看板は、すべてベトナム語と中国語だったという。お気楽のシドニー当局も、これではまずいということに気がつき、商店街と掛け合い、英語の訳を看板に付け加えることが義務づけされたのは、ここ最近ということだ。

夫は、ここに住んでいる人々は、ほとんど旧南ベトナムの出身者だと説明した。オーストラリアはベトナム戦争に参戦したため、ベトナム難民を多く受け入れた。いわば、“難民”の先駆け的存在の人々だ。「母国を失った人たちは、みんな同じところに住みたいのだろうね。」と夫は言った。彼が高校生のときに、ベトナムからの転校生も数人いたという。夫は、彼らが故郷で起こったことを語るのを聞いて、当時衝撃を受けたと話した。

商店街を歩いていると、ビルマ語、クメール語やラオス語の看板も目に入って来る。これらは、皆それぞれ難民の送り出し国だ。インドシナ難民たちが、力を合わせながらも、ひしめきあって暮らしているのだろう。

ベトナム料理屋では、フォーと生春巻きを頼んだ。これらは、ベトナムで食べたものと同じくらいおいしかった。くるくると動きながら、店を切り盛りするベトナム人女性は、「アメリカで食堂を開いていたけれど、うまくいかなくて、ここに越して来たのですよ。ここは住みやすいから。」と話してくれた。夫は、華僑のおとうさんに「色白の美人がいたら、ベトナム人女性だと思え。」と言われて育ってきたそうだが、そのオーナーもベトナム美人だった。

食堂では、ベトナム人の家族がみんなでフォーを食べている光景が微笑ましい。子どもたちも、自身の身体にしては長いお箸を使って、行儀よく食事している。日本でいえば、日曜日のお昼に家族でラーメン屋さんに行く感覚なのだろう。食堂を出た後は、焼きたてのフランスパンや新鮮な豚肉、タイのお菓子などを購入して街を満喫した。

帰り道、夫は車を運転しながら、「バンコクや東京の空よりも、シドニーの空が一番大きいと思うなあ。」としみじみ話した。私は、老夫婦の会話のようだなと思いながらも、それは言わずに「そうだねえ」とだけ答えた。

このシドニーの大きな空が、バンコクや東京、ベトナムやラオスやカンボジアの空につながっていると思うと、何だかとても幸せな気持ちになった。



b0175015_12492921.jpg
[PR]



by gonzalesK | 2009-08-30 12:46 | Life in Sydney

シドニーの青い空と広い海のふもとで繰り広げられる日常をこんぶ風味でお伝えします
by gonzalesK
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

kokeko さん!そう..
by gonzalesK at 10:11
あらら、お熱だったの~(..
by kokeko-2015 at 23:09
シドニーの美術館はゆるー..
by gonzalesK at 15:03
どんな絵なのだろうと、調..
by kokeko-2015 at 09:29
こけこさん、なるほど〜k..
by gonzalesK at 17:46
ほぉ。。。(←お友達の言..
by kokeko-2015 at 22:22
こけこさん、コメントあり..
by gonzalesK at 09:42
おはよう(笑) シドニ..
by kokeko-2015 at 23:13

最新の記事

The Year of Ro..
at 2017-02-09 21:21
HIROMI THE TRI..
at 2016-06-16 12:22
花冷え
at 2016-06-01 15:11
あっちの桜、こっちのジャカランタ
at 2016-05-18 21:22
Language of dr..
at 2016-03-15 21:06

記事ランキング

画像一覧