続こんぶの日記 KOMBU's diary from Sydney

バンコクのふぞろいな林檎たち

2009年11月27日(金)

Mother earth - “母なる大地” とはよくいったものだと思う。

バンコクに来る前々日に受けた、英語のスピーキングのクラスのテーマは、art - 芸術。芸術は理解するものか、感じるものかなど、先生がみんなのを意見を引き出していった。さすが、ヨーロッパ出身の同級生たちは、芸術を頭で理解しようとしているのがわかった。もともと、現象を分類することを好む文化的背景があるのかもしれない。

クラスで日本人は私一人。先生はいつものように、「こんぶさん、芸術について思うことはない?何でもいいよ。」と私に尋ねた。私は、「少し奇妙かもしれないけれど、私は日本で助産師になってから、すべての芸術は胎盤に通じると感じるようになりました。胎盤がすべての原点というか。」と日本を代表して話した。

太古の芸術にも、お産をモチーフにしたものは多い。ヨルダンの南部、ワディラムに存在する2000年前の壁画も、アボリジニの絵画やボティペインティングも、何百年も前に神社に奉納された絵馬も、妊婦や授乳器官をモチーフにしたものがある。極めつけは、自然の芸術だと思う。どんな木の根を見ても、土から栄養を巧みに吸収する姿は、胎盤に似ている。さらに、木の幹はへその緒のようであり、木になる果実は赤ちゃんのようだ。時期が来て成熟したら、木から果実が落ちるように、自然に赤ちゃんは、この世にやって来る。

これは、先輩の助産婦さんに聞いた話なのか、自分で何となくそう思うようになったのか、忘れてしまった。助産師として働いていた頃、お産の後落ち着いたら、胎盤を産婦さんに見せていた。そして、「胎盤を見ると、赤ちゃんは、りんごの実のように熟して、この世にやって来たのだなと思います。」と説明していた。もっともお産が多かったときは、胎盤が3つくらい並んでしまったものだった。

クラスの中で、日本を代表する胎盤芸術論は、さらっと流されてしまった。しかし、クラスの後、ブラジル人妊婦のイザベルが、「こんぶの胎盤の話を聞いて、私も胎盤を見たくなった。シドニーの病院でも、お産の後、頼めば自分の胎盤を見せてくれるかな?」と聞いて来た。私は、もちろん、自分の胎盤なのだから見せてもらった方がいいこと、胎盤は重要な臓器であることを話した。また、日本では昔、産後の滋養強壮のために、胎盤の一部を食する文化があって、今でもそれを好む人もいることを補足して説明した。

イザベルは、大きな目をきらきらさせながら、「じゃあ、私も胎盤を見せてもらうだけじゃなくて、家に持って帰ろうかな?冷凍庫で凍らせて、“ダーリン、今日のディナーは胎盤よ!”ってしたら、おもしろいねえ!」と言い、大きなお腹を抱えながら笑った。

バンコクで闘病する夫のおかあさん - 何十年も前に、大きなりんごを4つ、この地に産み落とした。みんな、今ここに集合している。
[PR]



by gonzalesK | 2009-11-28 00:03 | Life in Bangkok

シドニーの青い空と広い海のふもとで繰り広げられる日常をこんぶ風味でお伝えします
by gonzalesK
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

kokeko さん!そう..
by gonzalesK at 10:11
あらら、お熱だったの~(..
by kokeko-2015 at 23:09
シドニーの美術館はゆるー..
by gonzalesK at 15:03
どんな絵なのだろうと、調..
by kokeko-2015 at 09:29
こけこさん、なるほど〜k..
by gonzalesK at 17:46
ほぉ。。。(←お友達の言..
by kokeko-2015 at 22:22
こけこさん、コメントあり..
by gonzalesK at 09:42
おはよう(笑) シドニ..
by kokeko-2015 at 23:13

最新の記事

The Year of Ro..
at 2017-02-09 21:21
HIROMI THE TRI..
at 2016-06-16 12:22
花冷え
at 2016-06-01 15:11
あっちの桜、こっちのジャカランタ
at 2016-05-18 21:22
Language of dr..
at 2016-03-15 21:06

画像一覧