続こんぶの日記 KOMBU's diary from Sydney

purelude - 序曲

2009年12月18日(金)

タイのお葬式は、7日間続く。

最初の3日間は、夕方にお寺で弔問客を迎え入れ、挨拶をしたり、お坊さんのお経を聞きながらお祈りする。それが延々と3時間位続く。お坊さんの前で、床の上に直接座りお祈りをするのは、白装束のような格好をした夫のおかあさんの息子、娘、孫、その嫁や婿だ。座る順番は、もちろん長男を筆頭に、そこから孫まで、娘や嫁は一番後ろ。

初日は、お坊さんのお経を聞きながら、夫のおにいさんはぽろぽろと泣いていたが、3日目にもなると、「こんぶ、この伝統は too much だよね。僕はもう膝が痛くて。」と早速愚痴っていた。

まったく日本とは違うタイのお葬式。私は、ある程度の収益を必要とするタイの寺院と、中国仏教が結びついて、一大ビジネスになったのに違いないと勝手に思っていた。夫のおねえさんも、2日間で終わる香港のお葬式とは訳が違う、私もまったくわからないけど、私のしているようにすればいいから、中国の文化では女性は“nothing” なので、列の後ろで同じようにしていれば良い、と言ってくれた。

夫のおねえさんは、札束をそのままポケットに入れて歩くような人で、声が大きく一見威圧的だが、竹を割ったような性格なので親しみやすい。そのお姉さんが、ひとつだけ教えてあげる、と教えてくれたことがあった。「お祈りをしているときに、蛾(ガ)が来ても、それを叩いたり、殺さないようにね。おかあさんが、蛾になって様子を見に来ているのかもしれないから。」

お葬式の3日目、夫のおねえさんの息子さんと娘さんがロンドンから到着した日、その日もいつものように、お経を聞きながらお祈りをしていた。そうしたら、大きな蛾が、私たちの頭上をくるくるとまわって、また窓の外に飛び立って行った。

式が終わった後、おねえさんは、「蛾が来たのを見た?今日は、子どもたちが到着したから、おかあさんが孫の様子を見に来たのかもしれないね。」と、嬉しそうに話した。私は、おねえさんの話を聞きながら、そうだねえと頷いた。

バンコクの夜は涼しいし、この程度だったらがんばれるかもしれないと思っている内に、お葬式も折り返し地点になった。しかし、これは序曲に過ぎなかった。つづく。
[PR]



by gonzalesK | 2009-12-29 07:23 | Life in Bangkok

シドニーの青い空と広い海のふもとで繰り広げられる日常をこんぶ風味でお伝えします
by gonzalesK
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

kokeko さん!そう..
by gonzalesK at 10:11
あらら、お熱だったの~(..
by kokeko-2015 at 23:09
シドニーの美術館はゆるー..
by gonzalesK at 15:03
どんな絵なのだろうと、調..
by kokeko-2015 at 09:29
こけこさん、なるほど〜k..
by gonzalesK at 17:46
ほぉ。。。(←お友達の言..
by kokeko-2015 at 22:22
こけこさん、コメントあり..
by gonzalesK at 09:42
おはよう(笑) シドニ..
by kokeko-2015 at 23:13

最新の記事

The Year of Ro..
at 2017-02-09 21:21
HIROMI THE TRI..
at 2016-06-16 12:22
花冷え
at 2016-06-01 15:11
あっちの桜、こっちのジャカランタ
at 2016-05-18 21:22
Language of dr..
at 2016-03-15 21:06

画像一覧