続こんぶの日記 KOMBU's diary from Sydney

ごはんですよ

2009年12月18日(金)

お葬式の最初の3日間、嫁に課せられた仕事があった。必然的に、唯一の嫁である私に白羽の矢があたった。早朝に、おかあさんが使えるようにと、洗面器に水を入れタオルをしぼり、歯ブラシに歯磨き粉をつけ、棺桶の脇に準備する。また、お寺が用意してくれた朝食をお祈りを捧げてから、テーブルの上に置く。そして、棺桶を3回ノックし「ごはんですよ、おかあさん」と言う。

私は、お寺の小僧さんが、オリエンテーションをしてくれた通りに、仕事をこなしていった。しかし、私はタイの夫の実家で家事をしたことがなく、ごはんの準備もしたことがない嫁である。おかあさんへの最初で最後のごはんの準備が、おかあさんが棺桶に入ってから、というのは何とも皮肉な話である。

数十年も前、タイの華僑の家に嫁いだ日本人のお嫁さんは、家族と食事をさせてもらえなかったという話を聞いたことがある。世界中で多くのお嫁さんは、苦労をしているのに違いないと改めて思った。もっとも夫は、私だけに仕事を課すのは心配だから、と3日間つきあってくれたのだけれども。

さらに、お葬式の後半は思ったよりも過酷だった。ある日の午後には、仏教版ゴスペル合唱団の人たちが来てくれた。この人たちが、歌と共にお祈りしてくれたのはいいが、おかあさんの子どもたちや孫、嫁たちは、歌と共にチベットのスクワットのようなお祈りをしなくてはならなくて、これには汗だくになった。

ある夜は、大量の金を模した折り紙と、模型の家を燃やした。これは、おかあさんが天国でお家に困らないように、と行われる儀式らしい。めらめらと燃える火の粉を見て、中学生の甥っ子は、「紙は森林から作られる訳だし、これ、地球温暖化に関係しそうだね。」と言っていた。確かに、中国の人口と昨今の気候変動を考えると、簡素化したお葬式のあり方も再考する時期なのかもしれないと思った。

ある日の夜は、橋の模型の上をお坊さんの後について、ぐるぐると歩き続けた。橋の前と後ろに、容器があって橋を歩くたびに、硬貨を入れていく。橋は、天国への架け橋を模型した物で、おかあさんが迷わないように、お坊さんとその子孫たちが導いていくものらしい。

お坊さんは、硬貨を入れていくことの意味を、「産まれてくる時も、逝く時も、私たちは何も持っていないし、持っていけない。残されるのは、残された人々の中の、あなた方がした良い行いの記憶だけです(だから、お寺に寄付してね)。」と話してくれた。

そして、7日間続いた夫のおかあさんのお葬式は、火葬で終わる。私は、おかあさんが煙になったのを見て、初めて涙が出た。みんな泣いていた。泣いている私たちに、弔問客の一人が、「煙がほとんど出ていなくて、澄んでいる。これは、おかあさんは心配事が少なく逝ったということですよ。心配事が多いと、煙は黒くなるのよ。」と教えてくれた。

お葬式を終えた後、私は、何かの強化合宿を終えたような一種の達成感を覚えていた。 私たちは、バンコクの空にひろがる煙突の上の煙を、いつまでも眺めていた。
[PR]



by gonzalesK | 2009-12-29 08:16 | Life in Bangkok

シドニーの青い空と広い海のふもとで繰り広げられる日常をこんぶ風味でお伝えします
by gonzalesK
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

kokeko さん!そう..
by gonzalesK at 10:11
あらら、お熱だったの~(..
by kokeko-2015 at 23:09
シドニーの美術館はゆるー..
by gonzalesK at 15:03
どんな絵なのだろうと、調..
by kokeko-2015 at 09:29
こけこさん、なるほど〜k..
by gonzalesK at 17:46
ほぉ。。。(←お友達の言..
by kokeko-2015 at 22:22
こけこさん、コメントあり..
by gonzalesK at 09:42
おはよう(笑) シドニ..
by kokeko-2015 at 23:13

最新の記事

The Year of Ro..
at 2017-02-09 21:21
HIROMI THE TRI..
at 2016-06-16 12:22
花冷え
at 2016-06-01 15:11
あっちの桜、こっちのジャカランタ
at 2016-05-18 21:22
Language of dr..
at 2016-03-15 21:06

画像一覧