続こんぶの日記 KOMBU's diary from Sydney

夜明けの街で 東野圭吾

2015年10月12日(月)

ここしばらく読んでいなかった日本語の本を、急に読みたくなった。なので、子どもがベビーカーで寝た隙に、最寄りの駅の図書館に行ってみた。その図書館は、日本人が比較的多く住む地域だからなのか、日本語の本が結構揃っているので、ありがたい。

前から気になっていた東野圭吾の本を手に取る。「夜明けの街で」を借りた。

ミステリーということだったが、あっさりしたオヤジギャグ炸裂でいっきに読めてしまう。日本語は、英語に比べて、すらすらと読めてしまうことに改めてびっくり、母国語万歳と思った。

どろどろした不倫が、男性の都合でそんなに簡単に終わるのかい、とストーリーの展開にはちょっと無理があった。でも小説は娯楽なのだから、まあいいや。不倫の彼女を運命の相手だったと信じる主人公に、同僚の自称オヤジが「結婚の相手なんて、誰だって同じだ。運命の赤い糸なんてない。赤い糸は、結婚生活の中で紡いでいくものだ。別れずにどちらかの死を看取った場合のみ、それは完成する。赤い糸で結ばれていたってことになる。」と論している場面があった。

これは、「赤い糸」がほつれては紡ぎ、そしてまたほつれては紡ぐという結婚生活をおくっている私の心に染みた(笑)。そして、3回結婚をした友人の「結婚は誰としても同じ。結局は自分の問題だとやっと悟った。」という言葉を思い出した。

また東野圭吾の本を読んでみよう。


b0175015_9444359.jpg
[PR]



by gonzalesK | 2015-10-12 09:46 | Books | Comments(2)
Commented by kokeko-2015 at 2015-11-01 22:22
ほぉ。。。(←お友達の言葉)
私は最近、池上永一の本を読み始めました。
kindleを買ったら、日本のアマゾンを通して購入できるし、無料で読めるものもあって、重宝しています!
Commented by gonzalesK at 2015-11-14 17:46
こけこさん、なるほど〜kindleね!それは海外在住組には心強いね。池上永一、図書館で探してみます!

シドニーの青い空と広い海のふもとで繰り広げられる日常をこんぶ風味でお伝えします
by gonzalesK
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

kokeko さん!そう..
by gonzalesK at 10:11
あらら、お熱だったの~(..
by kokeko-2015 at 23:09
シドニーの美術館はゆるー..
by gonzalesK at 15:03
どんな絵なのだろうと、調..
by kokeko-2015 at 09:29
こけこさん、なるほど〜k..
by gonzalesK at 17:46
ほぉ。。。(←お友達の言..
by kokeko-2015 at 22:22
こけこさん、コメントあり..
by gonzalesK at 09:42
おはよう(笑) シドニ..
by kokeko-2015 at 23:13

最新の記事

The Year of Ro..
at 2017-02-09 21:21
HIROMI THE TRI..
at 2016-06-16 12:22
花冷え
at 2016-06-01 15:11
あっちの桜、こっちのジャカランタ
at 2016-05-18 21:22
Language of dr..
at 2016-03-15 21:06

画像一覧