続こんぶの日記 KOMBU's diary from Sydney

<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧




あの国のかたち - Merry Christmas

2011年12月24日(土)


シドニーでは、BONSAI(盆栽)が流行っているようで、あちらこちらでショップを見かける。おしとやかなBONSAIを眺めていると、やっぱりMother Earthだなあと、思わずため息をつきたくなる。そのBONSAIは、小さな器に入った土から、栄養分を吸収して一人前に根を力強くはやしている。細いけれども強くてこしがある、くねくねと螺旋状の木の幹は、臍帯そのものだ。

受精卵が、子宮の壁に付着して栄養分を吸い取り、胎盤という根っこを植え付けるような一連の現象をBONSAIの中から恒間見ることができる。やっぱり人は、どこかで母なる大地を求めているのかもしれないと思う。詩人の谷川俊太郎さんは、「母は自然そのものであり、母親のからだの中に帰りたかった」というようなことを随筆の中で綴っている。

オーストラリアの先住民のアボリジニには、人間が土地を所有するという感覚がなく、土地が人間を所有するという思想が、何千年も昔からあるそうだ。豪政府の政策により、北オーストラリアにウランの採択工場が開発され、土地や川や森や子孫を傷つけられたと嘆く先住民たちがいる。そのウランのbest customer−一番の顧客は、もちろん東京電力だ。

何年か前に、フランスのある会社が、ウラン採択工場を新しく開発しようと、先住民の人々に山ほどのお金を積んで見せたが、彼らはその土地の人々に相手にもされなかったと聞いた。お金よりも何よりも、その土地が、森が川が子どもが大切だというアボリジニの人々は、たぐいまれな高尚な倫理観と、一貫した思想を持ち合わせているような気がする。オージーたちは、尊敬の念を持って彼らのことを、Richest people in Australia- オーストラリアで一番豊かな人々と呼んでいる。

それに対して、ここから見る日本は、東日本大震災とそれに続く東京電力原子力発電所の事故で、不思議なカオスと化しているような気がしてならない。一生懸命に反原発を唱える人と、出来る限りのことはしたいけど、日々の生活が忙しいのよ、という人、一種のあきらめの感を持って日々の生活を精一杯に送る人、原発は大事な金づるだから、堂々とこれからもお金を儲け続けようとする人。また、原子力発電所の近隣から避難をすること、しないことをそれぞれ選んだ人々、選択する権利を奪われている人々。

その人の意志や生き方、当人しかわからない事情が反映されることだし、どうすればいいのか、私にもわからない。私が日本にいたら、どのように暮らしているのだろうと考えてみても、淡々と“変わらない”日常を送っているだろうなとも思う。ただ、日本という国のことを、こんなにもわからないと思ったことはないと、ふと思った。だから、最近日本語の能力も衰えてきたようだし、近所の図書館に行って、何か日本語の本を読んでみようと思った。

司馬遼太郎さんの小説は、通勤電車に乗る親父さんたちが読む本というイメージがあったから、今まで読もうと思ったことはなかった。しかし、「この国のかたち」という随筆集が、図書館の本棚にあって目に留まったので、早速読んでみることにした。司馬さんは、第2次世界大戦で徴兵され、兵隊として働いていた昭和の戦争の時代が大嫌いだそうだ。

日本は、江戸時代などは粋で素敵だったのに、どうして昭和の戦争のあの時期にあんなにひどいことになったのかーだから彼なりに「この国のかたち」を紐解いて見たいという思いがあったそうだ。ただし、その答えは「私(司馬さん)にも結局良くわからない」ということだった。

司馬さんにわからないことが、私にわかるはずもないなと思って、もういいや、不毛なことを考えるのはよそうと思ってみる。夫にせかされる前に、さっさとクリスマス旅行の準備でもしようか。



Merry Christmas, I wish you have a great Christmas with your loved ones.



b0175015_20325229.jpg

[PR]



by gonzalesK | 2011-12-24 19:59 | Life in Sydney

冷夏のシドニーより

2011年12月2日(金)


青くて高い空が、シドニーに夏の訪れを知らせている--- とさわやかに思ったのは数日前、今年は冷夏らしく、肌寒い雨の日々が続いている。クイーンズランドの洪水の影響で、ずっと高値をつけていたバナナは、やっと毎朝食べられるくらいに価格が下がった。さらに、今年はマンゴーが安くておいしい。タイのマンゴーよりも少し酸味がある感じで、胸がきゅんとなる味をしている。

先日、最後の課題を提出し、春学期が終了し、これから長い夏休みに入る。妊娠からお産とフォローしている妊婦さんがいるので、時々は病院に顔を出さなければいけないが、山のような課題から解放されたと思うとうれしい。今学期も4教科学び6単位ずつ取得した。


Midwifery Practice: Supporting Women

授業では、主にローリスクの分娩介助を勉強したり、産後のケアについて講義を受ける。演習では、日本と同じように模型を使って、お産の介助を学ぶ。日本では分娩時の会陰保護(会陰:膣と肛門の間の皮膚のこと)は、まだまだ主流だと思う。こちらでは、会陰保護のメリットが明確でないので、hands on(手を添える)でもhands off (手を添えない)でもどちらでもいいよ、という感じだ。切れるときはどんなことをしても切れてしまう、特に高齢出産や産婦の栄養状態など助産師の技術以外の要素が影響すると講師たち。これに関してはまだまだresearchが必要なようだ。

ただ、clinical expertise −こちらで何人もの助産師から「アジア人女性の会陰は、白人女性と比べて短い。だから、お産のときに、ざくっと深い傷が入りやすい。。。」と気になることを聞いた。アフガニスタン人の同級生は、妊娠中にバターを多く摂取するとお産のときに会陰がぐーんと伸びるよ、と言っていたが、民族的、民俗的なものも影響あるかもしれない。

この授業には、5週間の病院実習が含まれていた。前の学期と同じように、指定の公立病院に行って妊婦検診、お産の立ち会い、産後入院棟で産婦さんのお世話をした。シドニーでは、妊娠した女性の9割が、費用が無料である公立病院で妊婦検診を受けてお産をする。州の公立病院には、ガイドラインがあり、そのガイドラインにそってケアをすすめていく方針がある。例えば、初診のDVスクリーニング、お産のときにローリスクの妊婦には分娩監視装置をつけないで、ドップラーで間欠的に胎児心音を聴取する、などである。

こういったガイドラインは、research evidence に基づいて作られている。東京の下町の病院で働いてきた私にとっては、このガイドラインは画期的なことのように思えた。日本のフェミニスト運動の先駆的な役割を果たしてきた女医が院長だったので、妊娠期のDVスクリーニングは、都内でも先駆的に行っていたものの、まだまだ入院時の分娩監視装置は当たり前で、子宮口が全部開いてからも再び分娩監視装置をつける、という「慣習」は残っていた。ローリスクの産婦に分娩監視装置をつけて、赤ちゃんの心音を継続的に測定することは、赤ちゃんの死亡率や脳性麻痺を減少させない(むしろ不必要な帝王切開を増やすなどharm-害が懸念される)というresearch outcomes が出てから何年も経つのに、である。

州で統一してこういったガイドラインを作る(表向きの)目的は、女性の出産における満足度を高め、また不必要な帝王切開の数を軽減させるということだ。そして真の目的は、州の医療費を削減することだろう。目的はいろいろあるにせよ、公立病院というMASSのケアの提供者が、よくやっていると思う。

経験豊富なおばちゃん助産婦は、「私はお産のときにこの監視装置をつけないと不安でね、エデュケーターには内緒よ!」なんていいながら、ガイドラインにそってケアをすすめていないし、そんな場面に多々と遭遇する。しかし、何とか現場とresearch evidence のギャップを縮めようと奮闘している助産師も多くいるのだ。それは、normal vaginal delivery −なるべく医療介入をしないお産−を促進することだから、女性の身体にとってもメリットが多くある。

シドニーには、数えるほどの公立病院しかないからこれが可能だけれど、東京に星の数ほどある病院が、こういった統一されたガイドラインを作ることは、不可能に近いだろうなと思ってしまうのであった。

あとの3教科、、、つづく
[PR]



by gonzalesK | 2011-12-08 19:44 | Midwifery- 助産

シドニーの青い空と広い海のふもとで繰り広げられる日常をこんぶ風味でお伝えします
by gonzalesK
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のコメント

kokeko さん!そう..
by gonzalesK at 10:11
あらら、お熱だったの~(..
by kokeko-2015 at 23:09
シドニーの美術館はゆるー..
by gonzalesK at 15:03
どんな絵なのだろうと、調..
by kokeko-2015 at 09:29
こけこさん、なるほど〜k..
by gonzalesK at 17:46
ほぉ。。。(←お友達の言..
by kokeko-2015 at 22:22
こけこさん、コメントあり..
by gonzalesK at 09:42
おはよう(笑) シドニ..
by kokeko-2015 at 23:13

最新の記事

The Year of Ro..
at 2017-02-09 21:21
HIROMI THE TRI..
at 2016-06-16 12:22
花冷え
at 2016-06-01 15:11
あっちの桜、こっちのジャカランタ
at 2016-05-18 21:22
Language of dr..
at 2016-03-15 21:06

画像一覧