続こんぶの日記 KOMBU's diary from Sydney

<   2012年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧




こだわりのある人 パリ編

2012年9月27日(木)

7月のパリでの休暇中に素敵な人に出会った。


ひとりで街をうろうろしたかった私は、おとうさんと夫をバスツアーに送り出し、わくわくと一人パリ散策にくり出した。ホテルの近くのオペラ座から、なんとなくルーブル美術館まで歩いてみたが、美術館が休館だった。天気もよかったので、美術館前のベンチに座ってぼーっとしていると、日本人の女性が、「美術館お休みですね〜。私もここに座っていいですか?」と話しかけて来た。日本語をしばらく話していなかった私は、嬉しくなって彼女を「どうぞどうぞ」ともてなした。

彼女は、ロンドンで靴のデザインの勉強をしていて、もうすぐ卒業なので、日本に帰る前にパリに遊びに来たと話してくれた。デザイナーさんというわりには、素朴な感じで親しみやすい女性だった。彼女は、靴を作る過程の話や、それに使ういろいろな種類の革の話をしてくれた。異業種のその人の話はとても興味深かった。その人は、「どうやったら女性の足が美しく見えるのかを常に考えちゃうんですよね」と話してくれた。それは、助産をする私からしたら、どうやって女性のお産をサポートするか常に考えちゃうんですよね、と言ったところか。

彼女は、地面にあたる部分の靴底が重要なんです、と熱く語ってくれた。彼女にとって、靴底は革でなけれならないという原則があり、ゴムの靴底をはいている人を見たら「どんなに素敵な人でもがっかりしちゃう」らしい。私は靴に対するこだわりは、そんなにないけれども、その時に履いていた靴を、彼女に「その靴は靴底が革ですね、素敵です。」とお褒めの言葉を頂いた。きっと私がゴム底の靴を履いていたら、彼女は私に話かけてこなかっただろう。

シドニーに戻ってから、私は自分のワードローブの中のゴム底靴の割合を思わず調べてしまった。知ったかぶりをして、ゴム底靴をはく夫に、「靴底が革じゃないとかっこ悪いよ。」と助言してみた。そして、ゴムは滑らないからいいんだよ、と普通に言い返されてしまった。

いつかビックなデザイナーになって、Jimmy Choo みたいに実名のブランドを立ち上げるのが夢なんです、と言っていた。ということで、その人のお名前を伺っておいた。いつか彼女がデザインした靴を買える日が来るといいな。


b0175015_10113647.jpg
[PR]



by gonzalesK | 2012-09-27 09:47 | Holidays

シドニーの青い空と広い海のふもとで繰り広げられる日常をこんぶ風味でお伝えします
by gonzalesK
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

kokeko さん!そう..
by gonzalesK at 10:11
あらら、お熱だったの~(..
by kokeko-2015 at 23:09
シドニーの美術館はゆるー..
by gonzalesK at 15:03
どんな絵なのだろうと、調..
by kokeko-2015 at 09:29
こけこさん、なるほど〜k..
by gonzalesK at 17:46
ほぉ。。。(←お友達の言..
by kokeko-2015 at 22:22
こけこさん、コメントあり..
by gonzalesK at 09:42
おはよう(笑) シドニ..
by kokeko-2015 at 23:13

最新の記事

The Year of Ro..
at 2017-02-09 21:21
HIROMI THE TRI..
at 2016-06-16 12:22
花冷え
at 2016-06-01 15:11
あっちの桜、こっちのジャカランタ
at 2016-05-18 21:22
Language of dr..
at 2016-03-15 21:06

画像一覧